そんなわけで続きます。

シェイクス見てない人には何がなにやら的なブログです(笑)。


倉木ユタカ

倉木電気の御曹司。
イメージとしては、ソニーです。
ソニーの会長の御曹司。
ソニーが日本にテーマパークを作る。
息子は七光りの俳優。
実家が金持ち、でも、本人は見てくれがいいので俳優タレントを目指す。

演じ方のイメージは
うさんくさいプライドの高いやらしい感じです。

「気位が高い」→「倉木ユタカ」
です。

原案では
オーナーと倉木ユタカは無関係でしたが、
より権力っぽさを出して、
わがままを成立させるために
七光りの息子にしようって思って書きかえました。

小泉純一郎と孝太郎的な

柄谷吾史くん
からちゃん

面接用のWSで台本を読んで貰ったときに、
そのしゃべり方というか、
関西弁のせいなのかな?
ものすごく特徴のあるしゃべり方で

ああ、なんかうさんくさい役をやらせたいなあと思って
プライドの高そうな
いかがわしいキャラにしてみました。

原案を見て思ったのは
演出家の宗像が
ユタカの主役には反対をして
台場にやらせるのか?
そこが分からなくて
さーてどうしようかなと思ったときに

うーむ・・・
「滑舌が悪い」
ってことにしよう。

いかがわしく気取ったキャラが
滑舌が悪い
という設定は面白いなと思って

最初
滑舌が悪いと言えば定番の
「さしすせそ」
で、行こうかなと思ったんですが、

意外に台詞としてサ行が多いので
少なそうで、
その上
致命的な行にしようと思って
「ラリルレロ」
にしました。



ジュ「リ」エット
「ロ」ミオ
愛して「る」


ラリルレロを
自分で何度も台詞で喋ってみて

母音の「あいうえお」や
吐息の「はひふへほ」にすると
意外に
ちゃんと聞こえなくもない。


そうだ!
よく呂律(ロレツ)が回らないっていうじゃないか。
そうそう呂律だよ。



もろもろの事情で
ラ行が言えないことにしてみました。

これが受けて良かったー。


原案では
マチコにスタンガンを利用させ
台場を気絶させるという設定だったのですが、

スタンガンかー
あれは火傷するんだよなー。
痛いんだよなー。

それに普通のやつだと
意外にすぐに復活するし、

どうしようかなと思って



しばらく動けないといえば
定番の睡眠薬!

ネットで調べて
睡眠薬ってどんなのがあるかなと

クロロホルム!!???
ああ!クロロホルムじゃん!
超ラ行じゃん!
おもしれーぞ!こりゃ。

とか思いつつ
クロロホルムって
速効で寝ることもないようで、
具合が悪いだけで終わることもある。



「クロロホルムにも負けないほどの睡眠薬」
って台詞にしよう。
どんな睡眠薬かは知らないけど(笑)



そんなわけで
愛すべき
ヘレンケラーを
描きました。

ここはちょっとこだわりがあったので、
あのラ行のシーンだけは
演技指導させていただきました。
あれは、周囲の反応も大切なので。


泣ける芝居で
笑える。


これが俺の大好きなパターンです。






よーし、
続きはまた!